【世界最大の鳥】ダチョウは食べれるの?実はダチョウ肉は低カロリーで超おいしい!

こんにちは、エターナです。

ゴールデンウィークに実家に帰省した際に、茨城県石岡市にあるダチョウ王国という場所に家族で行ってきました。

そこでふと疑問に思ったのですが、「ダチョウって乗ることできるのかな?」とか「食べるとおいしいのかな…?」と、皆さんも1度くらいは考えたことありませんか?

今回はダチョウのお肉について記事にしてみましたので、興味のある方は見てみてくださいね。

f:id:eterna-elith:20190527151443j:image

ダチョウは食べれるの?

結論から言います。

ダチョウのお肉は食べることができます!

ダチョウはダチョウ目ダチョウ科ダチョウ属に分類される鳥です。

鳥でありながら飛ぶことはできません。

現在はアフリカ中部と南部に生息しており、その地域では昔から食肉としても重宝されていました。

僕が遊びに行ったダチョウ王国のスタッフさんも、ダチョウ肉は刺身で食べるのが一番美味しい食べ方だよ〜。

ぶっちゃけ、「えっ、生で食べるの?」と思いました。

保健所とかの問題もありますし、必ず火を通してますので安心してくださいね。と笑いながらダチョウ肉の食用についてお話ししてくれました。

だけど、それくらい新鮮で臭みのない味はダチョウならではの美味しさだと言っていました。

ダチョウの卵も食べれます

ダチョウと言えば、ダチョウの卵も有名ですよね。

すごいのはその卵の大きさ、鶏卵の約25倍の大きさだそうです。

味自体は薄く、おいしいとは言えないそうですが、現地の方からすると貴重なタンパク源かつ量も豊富なためこちらも重宝されているようです。

実際の大きさがこちら

f:id:eterna-elith:20190527151233j:image

顔と同じレベルの大きさで本当にびっくり。

しかも殻も分厚くて、子供が上に乗っても割れないほどの丈夫さでした。

セイキンさんもダチョウの卵を使って、マヨネーズを作ってみたりと挑戦されているようです。

www.youtube.com

実はダチョウの肉は超おいしい

今回のメイントピックであるダチョウ肉、実際に食べてみたのですがすごく美味でした。

ダチョウ肉は赤身肉で、食感も鶏肉とはまた全然違う感じでした。

僕が食べたものはモモの部位でしたが、牛肉とも豚肉とも違う食感でしたが、一番近い味と食感は牛ハラミ肉といったところでしょうか…

もしも、焼肉店でおすすめのお肉です。と出てきて食べたとしても、違和感なくおいしく食べることができると思います。

実際に食べたダチョウ肉は串焼きにして、塩コショウのみのシンプルな味付けで1本400円でしたが、とても美味しく臭みが全然ありませんでした?

f:id:eterna-elith:20190527151400j:image

ダチョウ肉は高タンパク、低カロリー

気になるダチョウの栄養成分ですが本当に凄い。

f:id:eterna-elith:20190527151310j:image

低カロリー、低脂質、高タンパク、鉄分豊富。

牛肉、豚肉、鶏肉と比べてもダントツ高い成分表示ですよね。

味もよくて、ダイエットや筋トレにも適しているので、まさしくスーパーフードと言っても過言ではないレベル。

今までダチョウって食べたことがないですし、そもそも食べれるの?と思っていたので驚きの事実でした。

ダチョウのお肉の入手方法

この記事を見てダチョウ肉が気になってきた方もいるのではないでしょうか?

日本国内でも、ダチョウ王国のように飼育している施設があります。

一般的には入手方法はそちらの施設で買うか、通販での購入になるかと思います。

茨城県石岡市にあるダチョウ王国

dacho.co.jp

ダチョウ王国にはダチョウだけでなくアルパカやポニーなど色々な動物がいて、ふれあいの広場もあり家族で過ごすにはとても良いところでした。

食べ物もおいしいし、子供も自然や動物とふれあうことができますので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね。

通販ならこちらの串焼きが美味しそうです。

夏のバーベキューとかに持っていけば盛り上がること間違いなしですね。

イメージとおいしさのギャップがあるのもまた面白いです。

まとめ

f:id:eterna-elith:20190601091546j:image

今回はダチョウのお肉についての記事でしたが、他にも色々と活躍している動物なんです。

ダチョウは普段の生活ではまず関わりがない生き物ですが、実は生活の道具に使われていたりします。

例えば埃ハタキでダチョウの羽が使われているのですが、ふわふわの羽毛なのに静電気が発生

しないという優れものとして重宝されています。

他にも装飾品として宝塚の衣装にも使われたりと意外と身近なところにダチョウの面影があったりします。

もしこの記事で興味が湧いたのなら、この機会にダチョウとふれあったり、食したりしてみてはいかがでしょうか?

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

今回はこの辺で。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です